FreeBSD で rtl-sdr で エアバンド(とかAMとかFMとか)

14 9月

rtl_airband というソフトウェアを使うと簡単便利です。FreeBSD 上でも問題なく動くよう変更してもらえました&起動スクリプトも取り込んでもらえましたので、紹介します。

なお、2017年9月14日現在は unstable ブランチにのみ入っています。次回 master に取り込まれる予定です。

まず必要なものを入れます。gmake や g++ が入っていない方は pkg で一緒にインストールしてください。

以下はそれらがある前提で。root権限が必要なもののみ # 表示していますので、必要に応じて sudo を使うなり、su するなりしてください。まず必要なパッケージをインストールします。

# pkg install rtl-sdr lame fftw3 fftw3-float libshout libvorbis libconfig

続いて、rtl_airband のソースを取得してきます。(master に取り込まれたら checkout unstable は必要なくなります。)

$ git clone https://github.com/szpajder/RTLSDR-Airband.git
$ cd RTLSDR-Airband/
$ git checkout unstable

コンパイルとインストールします。

$ PLATFORM=x86-freebsd gmake
# PLATFORM=x86-freebsd gmake install

※ FMも扱いたい場合は PLATFORM=x86-freebsd NFM=1 gmake としてください。

設定ファイルのサンプルは config 内にありますので、適当に /usr/local/etc/rtl_airband.conf にコピー(または参考にして新規作成)、お望みのように編集します。
設定ファイル内の pid ファイル作成場所指定は、/run から /var/run に変更してください。

起動テストするには、ドングルが接続された状態で

# rtl_airband -f

とします。オプションなしだとバックグラウンドでデーモンとして動きます。デーモンを終了したい時には適当に kill してください。

ログは /var/log/messages に出ます。

起動スクリプトのサンプルは init.d/rtl_airband.service にあります。必要に応じて編集して使ってください。そのまま使うなら、

# cp init.d/rtl_airband.service /usr/local/etc/rtl_airband

します。これで service rtl_airband start|stop|restart できるようになります。権限に問題がある場合は chmod 555 してください。

/etc/rc.conf に

rtl_airband_enable="YES"

を追加すれば、起動時に立ち上がるようになります。

音声および内容は第三者に公開しないでください。電波法違反になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です